アイコンの活用

「絵は千の言葉に値する」という言葉がありますが、これはホームページ作成時にもアイコンとテキストの関係などで見られるのではないでしょうか。

アイコンというのは、サイトのナビゲーションシステムをわかりやすく表現するためのラベルとして使用されることが多いと言えるでしょう。特にモバイル専用サイトやアプリなど、画面のスペースに限界があるような場合には尚更取り入れられるものと言えるでしょう。

また、見出しラベルとしてアイコンを使用するといったことも多く、珍しいところではリンクラベルとしても活用されていると言われています。

しかし、アイコンラベルというのは、「言葉」自体がテキストによって作成されたラベルよりも制限されている点が問題とされることも多く、インデックス用語といった大規模ラベルの場合、アイコンの語彙数が用語に対して圧倒的に少ないといった問題があると言えるでしょう。

そのため、アイコンラベルが使用されるのは基本的に小規模システムのラベルや、簡単なナビゲーションシステムといった、少オプションのものがほとんどと言えるでしょう。

その他の例としては、対象が子供や知的障害をお持ちの方などのように、テキストに馴染むことが困難と考えられる閲覧者といった場合にも有効と言えるのではないでしょうか。

ただし、アイコンラベルが正確に意味を伝えられているかというところは難問と言え、もちろん使用方法によっては情報に優美さを付加できる可能性もあり、システムユーザビリティを阻害しない場合には使用しない手はないと言えるでしょう。

実際に配置してみて、リピーターがみられるといった場合には、ユーザーにアイコンが「言語」として理解されていると考えて良いでしょう。このような場合には、アイコンは具体的で視覚へのアピールも有効なシステムとして働きを見せてくれるでしょう。

システムを利用するユーザーに無理を強いることのないよう、あらかじめ選択肢の限られたシステムのみに使用することや、機能説明を行う前には使用しないといった注意も大切と言えるでしょう。

Andrasに気をつけろ!のトップへ戻る