色の三属性と表色系

ホームページ作成の際、デザインなどの配色において、色についての知識をつけていることはとても武器になると言えるでしょう。

色には共通する属性というものがあると言われ、赤と緑の場合、色味が違うことがわかるように「色」にはある「色味」というものを持っていると言えるでしょう。これを「色相」と呼び、色味は類似しているが、明るさが違うというように、色の持つある明るさのことを「明度」と読んでいます。

鮮やかな赤に対し、灰色に近いような赤など、同じ色でも色味の鮮やかさが違うといったものを「彩度」と表現しているようです。色の三属性というのが、この「色相」、「明度」、「彩度」と言えるでしょう。

これを分かりやすく各色味ごとに最も鮮やかな色を円環状に並べていったものを「色相環」と読んでいます。また、一定の秩序や尺度を基として多種多様な色を順番に表示したものを「表色系」と読んでいます。

色の三属性に着目した表色系の中には「マンセル表色系」と呼ばれるものがあり、それぞれの色を三属性ごとの程度ごとに順序付けていくとされているようです。

色相は「赤、黄、緑、青、紫」といったように、その間の「黄赤、黄緑、青緑、青紫、赤紫」などのように、基となる色からなる色相環の中で表示されているようです。

三原色に着目した表色系には「CMY表色系」や「RGB表色系」、「CIE色度図」といったような多様なものがあるとされ、CMY表色系においては、色のCMYの各成分といったものをxyz軸にとり、xyz空間にそれぞれの色を位置付けることにより表示されるようです。

原点としてはRGB成分を持たない黒になるとされています。RGB成分が各1の場合は白となり、白は黒の原点の対頂角に位置付けられることになっているようです。CMY表色系とRGB表色系というのは図式的にはひとまとめに表示することができると言えるでしょう。

Andrasに気をつけろ!のトップへ戻る