マーケティング・サイエンスとは?

皆さんは「マーケティングサイエンス」などと呼ばれる専門用語をお聞きになられたことはございますか。マーケティングサイエンスが、取り入れられている分野の1つとしてホームページ制作におけるコンテンツづくりに導入されているようです。サイト内のコンテンツにおけるデザイン性、配置、レイアウトなどの一つひとつがお客様に紐づくデータなどから、それぞれの方向性を導き出していくことがマーケティングサイエンスには深く関わってくるようなのです。実際にウェブサイトなどを制作するデザイナーたちは、デザインのプロであっても、サイト上で顧客に商品価値を伝えるためのマーケティングのプロであるとは言い切れないそうです。ですから皆さんが普段何気なく訪れているウェブサイトのデザインが非常にグレードの高いものであると感じても、最終的には商品購入に至らなかったり、また再びサイトを訪れることで「商品を購入したいなぁ」などという気分にならないホームページは、デザイン的には優れたホームページであっても、マーケティングサイエンスに基づかれたデザイン性ではないなどと考えられているようです。芸術性の優れたホームページが、商品を数多く売るホームページではないというかんがえが専門的な立ちに囁かれるなかで、ホームページを開設するにあたっては、デザイン性やレイアウト構築も含め昨今ではマーケティングサイエンス的な要素が反映されることに注目が集まっているようです。