永続的な広告効果のあるホームページ

文字数を増やして、ページの質を上げることこそがアクセスアップに繋がります。とは言えWebページの担当者であれば他にも業務が多く、毎回長文を書くのは難しいと感じるかもしれません。どんなコンテンツを作ればいいのかと考えることにも時間を使うために、全てを自分でこなすとなると、どうしても負担が出てきてしまいます。業務時間は有限であり、決まった時間内でこなさなくてはなりません。効率良くホームページ作りをするときには、まず「何を優先してコンテンツを作るべきなのか」という点を考えましょう。まず、作りたいホームページを全てカテゴリー分けします。商品紹介や事業紹介、ブログなどさまざまなカテゴリーに分けられると思います。その中でも、特にしっかり文章を書きたい(集客をしたいと思う)ページはどれなのかを選択していきましょう。優先度の高い文章はきちんと文字数を増やして、それ以外のページは常識的な文字数で済ませます。まずは主要なサービス・商品についてのコンテンツを充実させてから、全体的なボリュームアップをしていく方法です。最終的には全てのページの文章量を増やしていくことが目的ですが、これは検索で引っかかるように狙うロングテール戦略と呼ばれています。きちんと書いた文章は長期的な集客に貢献できますし、検索で引っかかるということは新たな広告を出さなくても見てもらえることになります。ホームページ作成というと、そこまで力を入れなくてもいいと考える会社もあるかもしれませんが、永続的な広告も兼ねている会社の財産です。初めの段階では費用も手間もかかってしまいますが、集客のための必要な手段と考えてホームページを大切にしていきましょう。