パースの確認

VPが一つしかない遠近法とされているのが「一点透視図法」でしょう。

これは観察する者が部屋の壁に背をむけて立った時、そこから壁と天井、壁と床といった境界が平行になっている線を延長し、その線が部屋の向こう側の一点に収束しているように見えるといった現象を指しているようです。

対して「二点透視図法」というのは、左右に2つのVPができるとされる遠近法と言えるでしょう。部屋の外から角を見る時、VPが左と右に2つ並行と地面とに見えるという現象を表すと言われています。

つまり目と同じ高さでモチーフを斜めから見た場合に二点投資と言えるが、これに加え、見上げてみたり見下ろしてみたりした場合には三点投資になると言えるでしょう。現実世界での空間把握としては「三点透視図法」と言った手法で描くことになるでしょう。

透視図法においては、遠近感を表現するために対象物と視点の距離や、視点の位置や高さ、対象物と観察している者の配置によっても変わると言えるでしょう。

よく「パースが狂う」といった表現で遠近感が正常でないといったことを言ったりしますが、正常な遠近感というのは、透視図法を理解した上で、対象となるものの相対的な位置と視点との関係を表すことで修正していけると言えるでしょう。

ホームページ作成などの際は、現実世界ではない上に、複雑な形を表現しなければならないといったことも多く、時にはその形の外側に接している直方体などを想定して、まずその直方体の輪郭部分を補助的に描いておくことで、パースペクティブの中に正しく形を配置できると言った方法もしばしば用いられると言われています。

パースの誤差を考えるには、全モチーフに対して外側に接した直方体の補助線を想定し、VPに向かうパースを検証すると良いでしょう。特にいくつかのモチーフが同じ平面の上に配置されているといった場合には、一部分だけの判断だけではなく、モチーフ全体で見て確認することが望ましいと言えるでしょう。