カテゴリー: Uncategorized

マーケティング・サイエンスとは?

Published / by admin

皆さんは「マーケティングサイエンス」などと呼ばれる専門用語をお聞きになられたことはございますか。マーケティングサイエンスが、取り入れられている分野の1つとしてホームページ制作におけるコンテンツづくりに導入されているようです。サイト内のコンテンツにおけるデザイン性、配置、レイアウトなどの一つひとつがお客様に紐づくデータなどから、それぞれの方向性を導き出していくことがマーケティングサイエンスには深く関わってくるようなのです。実際にウェブサイトなどを制作するデザイナーたちは、デザインのプロであっても、サイト上で顧客に商品価値を伝えるためのマーケティングのプロであるとは言い切れないそうです。ですから皆さんが普段何気なく訪れているウェブサイトのデザインが非常にグレードの高いものであると感じても、最終的には商品購入に至らなかったり、また再びサイトを訪れることで「商品を購入したいなぁ」などという気分にならないホームページは、デザイン的には優れたホームページであっても、マーケティングサイエンスに基づかれたデザイン性ではないなどと考えられているようです。芸術性の優れたホームページが、商品を数多く売るホームページではないというかんがえが専門的な立ちに囁かれるなかで、ホームページを開設するにあたっては、デザイン性やレイアウト構築も含め昨今ではマーケティングサイエンス的な要素が反映されることに注目が集まっているようです。

アンカーテキストの分散

Published / by admin

被リンクの分析と同時に、非常に重要なのが「アンカーテキス卜の分散」 です。サテライトサイトを大量に作成すると、どうしても狙っているメインキーワ ー ドをアンカーテキストにして集中させたくなりますが、アンカーテキス卜の配分には適切なバランスがあるのです。表示された画面を最下部までスクロールしていくと、アンカーテキス卜に関する詳細な情報が表示され、どんなアンカーテキストがどんな割合で集まっているかがすべてチェックできます。また日本語ドメインはSEOに有利でしょうか。
現在、ほとんど意味はありません。2007年の8月までのリサーチでは、 Yahoo! において強いSEO効果があったのですが、その反動か、それ以降の調査では、日本語ドメインURLは検索上位にすっかり顔を出さなくなりました。ただ圏内向けサービスであれば、ユーザーにURLを認知させるための手段として有効でしょう。

デバイスの種類

Published / by admin

ネットを使っていると、デバイスという言葉を聞いたことがあるかもしれません。デバイスというと、パソコンやスマートフォンを連想するかもしれませんが、デバイス自体はパソコンやスマートフォンを含むさまざまな電子機器を指して呼んでいます。デバイス自体は、大きく分けて「端末」「周辺機器」に分けられます。まず端末については、スマートフォン(タブレット)などの、ネットに接続して使える機器全般を指しています。そのため、◯◯デバイスと呼ばれるさまざまな種類のものが存在します。Appleが開発している「iOSデバイス」、Googleが開発している「Androidデバイス」、腕時計や指輪などの形をしている、身に付けることのできる「ウェアラブルデバイス」などがあります。他にも、スマートフォンやタブレット端末を指して「スマートデバイス」と呼ぶ場合や、デジタルカメラやノートパソコンなどの持ち運びのできる端末を指して「モバイルデバイス」と呼ぶこともあるようです。次に、周辺機器についてです。パソコンを使っているときに、「不明なデバイスです」という表示が出た経験はないでしょうか。これは多くの場合、「周辺機器が上手く接続されていない」という意味での表示になっています。周辺機器には、USBメモリーを指す「USBデバイス」、SDメモリーカードなどのデータ保存のできる「ストレージデバイス」、ヘッドセットやスピーカー、マイクなどの音声の入出力ができる「オーディオデバイス」などがあります。キーボードやマウス、プリンターなども周辺機器としてのデバイスと言えるでしょう。「不明なデバイス」の表示が出たときには、周辺機器が対応しているものなのか、ケーブルが接続されているかなどをきちんと確認しましょう。

サイトマップの作成

Published / by admin
ホームページを作成するときには、はじめに目的やターゲットとなるユーザーを定める必要があります。きちんと定めたら次に作成にかかりますが、その前にまず、「サイトマップ」を作らなくてはなりません。サイトマップはその名の通り、ホームページの地図ともなる図となります。必要となるページを書き出して、ページ同士をどのようにつなげていくかを先に考えていきます。この構成を考えていくときには、関連するページをグループ分けしていくと分かりやすくなります。例えば旅館を紹介するホームページを作成する場合です。メイントなるトップページがあり、そこからメニューがつながっています。メニューには「客室の情報」「温泉の情報」「近辺の観光の情報」などがあるでしょう。さらに「客室の情報」の先には、「一般の客室情報」「家族風呂付き客室の情報」などと分かれていると思います。実際に書き出してみると分かりやすいですが、まずいちばん上に「トップページ」があり、次に「客室・温泉・観光などの情報ページ」があり、さらに「どんな客室があるのか」という情報があります。3階層になっているサイトマップと言えるでしょう。先にサイトマップを作っておかなければ、どんな階層になっているのか自分でも把握がしづらくなってしまいます。また、階層が深くなればなるほど、ユーザーのクリック数が増え、負担が大きくなってしまいます。できる限り3階層以内に収めるのが良いと言われています。サイトマップは、紙とペンさえあればすぐに作成することができます。ただし、他の人と共同でサイト作成を行っていて変更が入った場合、手書きでは修正がしづらくなります。ブラウザー上で作成できるツールもあるので、利用してみるのも良いかもしれません。

さまざまな単位

Published / by admin

Webサイト上には、さまざまな単位があります。文字のサイズや要素のサイズを指定されるために使用される数値が多く、特にCSSを使ってホームページを作成しているときには、単位を把握しておかなければなりません。単位は、大きく分けて「絶対単位」と、「相対単位」の2種類があります。「絶対単位」は、ブラウザーのサイズや表示の領域に関係なく、指定した通りに表示される単位です。「px」が一般的なもので、例えば「50px」と指定したら、どのブラウザーから確認しても50pxになります。統一はされている一方で柔軟性に欠けているため、さまざまな種類のデバイスに対応させたいと思ったときには不向きになる場合もあります。一方で「相対単位」の方は、「他の要素のサイズを基準として」決定される単位になります。親要素の数値で、子要素の数値が決定されていくのです。絶対に大きさの変わらない絶対単位に対して、場合によってサイズの変更ができるので便利な場面も多くあります。例えば「%」は、割合で算出されます。親要素の幅が800pxで、子要素に50%が指定されていた場合、幅が400pxとして計算されます。「vw」が「viewport tidth」の頭文字を撮ったもので、ビューポートの幅を基準としたときの割合の単位となっています。例えばビューポートの幅が1200pxの場合、50vwは半分の600pxと計算することができます。高さの場合は「view port height」の頭文字を取った「vh」となり、ビューポートの高さを基準とした割合となっています。幅の場合と同じ計算方法となります。表示されている領域の幅や高さによって変動することが可能になっているために、デバイスのサイズが違っていたとしても、きちんと対応できるようになっています。

永続的な広告効果のあるホームページ

Published / by admin

文字数を増やして、ページの質を上げることこそがアクセスアップに繋がります。とは言えWebページの担当者であれば他にも業務が多く、毎回長文を書くのは難しいと感じるかもしれません。どんなコンテンツを作ればいいのかと考えることにも時間を使うために、全てを自分でこなすとなると、どうしても負担が出てきてしまいます。業務時間は有限であり、決まった時間内でこなさなくてはなりません。効率良くホームページ作りをするときには、まず「何を優先してコンテンツを作るべきなのか」という点を考えましょう。まず、作りたいホームページを全てカテゴリー分けします。商品紹介や事業紹介、ブログなどさまざまなカテゴリーに分けられると思います。その中でも、特にしっかり文章を書きたい(集客をしたいと思う)ページはどれなのかを選択していきましょう。優先度の高い文章はきちんと文字数を増やして、それ以外のページは常識的な文字数で済ませます。まずは主要なサービス・商品についてのコンテンツを充実させてから、全体的なボリュームアップをしていく方法です。最終的には全てのページの文章量を増やしていくことが目的ですが、これは検索で引っかかるように狙うロングテール戦略と呼ばれています。きちんと書いた文章は長期的な集客に貢献できますし、検索で引っかかるということは新たな広告を出さなくても見てもらえることになります。ホームページ作成というと、そこまで力を入れなくてもいいと考える会社もあるかもしれませんが、永続的な広告も兼ねている会社の財産です。初めの段階では費用も手間もかかってしまいますが、集客のための必要な手段と考えてホームページを大切にしていきましょう。

価値ある読み物

Published / by admin

自社のホームページを作成することになったとき、まずは自社の強みを理解することが大切であり、その上で、「何を」書くのかが重要です。この何を書くのかによって、ホームページのクオリティが変わってきます。ホームページは、仕事そのものの情報と言えるでしょう。例えば「こういうサービスが欲しい」とお客が思ったとき「この会社はどんな形でサービスを届けてくれるんだろう」という疑問が生まれます。それを解消するためにホームページを確認します。サービス内容や値段などはもちろん、情報が開示されていて信用に足るかという部分まで見られているのです。ホームページを見てもらう手法として、「業界の最新ニュースを拾って、自分で解釈をして情報として届ける」という方法があります。自分の業界でこんな出来事があったということを分かりやすく伝えるだけでも非常に価値の高い読み物になりますし、自分の業界をきちんと調べている会社という良い印象を与えることもできます。ニュースを見るための人を集客できれば文句なしです。ただし、ニュース自体には著作権がありますので、ニュースサイトへのリンクを貼るなどをして、著作権侵害にならないよう気をつけましょう。また、ニュースサイトを活用するだけではなく、会社内の人と「話題になっているような話」を取り上げることもひとつの方法です。例えば「自分たちの地域でこういうことがあった」「この新商品が面白いと思った」といった会話で構いません。会社内で話題になるようなことは、そのまま話として使うことができるので、読みたがる人も多いでしょう。ただし、話題をそのまま書いても意味がありません。独自の解釈などを付け加えた上で、価値あるトピックとしていきましょう。

adcode appsアカウント種類と注意点

Published / by admin

adcode appsのアカウントには大きく2種類あると言え、adcode appsにおける「非営利アカウント」というのは、個人でのホームページ作成や趣味でのfacebookページといったものや、NPO法人などのように「非営利」目的でのアプリ使用といった場合のアカウントと言えるでしょう。この場合、facebookページは3つまで無料で使用することができ、テスト利用であっても営利目的で利用することは禁止されているようです。一方、adcode appsにおける「ビジネスアカウント」というのは、広告や宣伝といったものや求人情報などのように、アプリ使用の目的がビジネスシーンにおけるといった場合のアカウントのことを指しています。この場合、アカウント登録の際に使用するアドレスは、携帯電話やフリーのメールアドレスといったものは使用できないため注意が必要と言えるでしょう。各団体、facebookページは3つまで無料とされ、この場合は非営利であってもビジネス目的であっても両方の目的での利用が可能になっているようです。アカウント登録は比較的簡単に行えるとされ、表示されたフォームに従って項目を登録していきましょう。利用規約を確認し同意したうえで登録すれば完了ですが、気をつけなければならないのは、facebookの個人アカウントのIDである「facebookID」は自動で入力され、かつ変更はできないという点や、所属している企業や団体などを登録することが必須となるビジネスアカウントの場合には、全て正式名称で入力しなければならないという点でしょう。所属している企業や団体の部署名と登録者個人の名前を入力することになりますが、ビジネスアカウントの場合、メールアドレスは必ず所属企業のメールアドレスを使用しましょう。一つ一つ確認しながら登録していくことが重要と言えるでしょう。

パースの確認

Published / by admin

VPが一つしかない遠近法とされているのが「一点透視図法」でしょう。

これは観察する者が部屋の壁に背をむけて立った時、そこから壁と天井、壁と床といった境界が平行になっている線を延長し、その線が部屋の向こう側の一点に収束しているように見えるといった現象を指しているようです。

対して「二点透視図法」というのは、左右に2つのVPができるとされる遠近法と言えるでしょう。部屋の外から角を見る時、VPが左と右に2つ並行と地面とに見えるという現象を表すと言われています。

つまり目と同じ高さでモチーフを斜めから見た場合に二点投資と言えるが、これに加え、見上げてみたり見下ろしてみたりした場合には三点投資になると言えるでしょう。現実世界での空間把握としては「三点透視図法」と言った手法で描くことになるでしょう。

透視図法においては、遠近感を表現するために対象物と視点の距離や、視点の位置や高さ、対象物と観察している者の配置によっても変わると言えるでしょう。

よく「パースが狂う」といった表現で遠近感が正常でないといったことを言ったりしますが、正常な遠近感というのは、透視図法を理解した上で、対象となるものの相対的な位置と視点との関係を表すことで修正していけると言えるでしょう。

ホームページ作成などの際は、現実世界ではない上に、複雑な形を表現しなければならないといったことも多く、時にはその形の外側に接している直方体などを想定して、まずその直方体の輪郭部分を補助的に描いておくことで、パースペクティブの中に正しく形を配置できると言った方法もしばしば用いられると言われています。

パースの誤差を考えるには、全モチーフに対して外側に接した直方体の補助線を想定し、VPに向かうパースを検証すると良いでしょう。特にいくつかのモチーフが同じ平面の上に配置されているといった場合には、一部分だけの判断だけではなく、モチーフ全体で見て確認することが望ましいと言えるでしょう。