カテゴリー: Uncategorized

価値ある読み物

Published / by admin

自社のホームページを作成することになったとき、まずは自社の強みを理解することが大切であり、その上で、「何を」書くのかが重要です。この何を書くのかによって、ホームページのクオリティが変わってきます。ホームページは、仕事そのものの情報と言えるでしょう。例えば「こういうサービスが欲しい」とお客が思ったとき「この会社はどんな形でサービスを届けてくれるんだろう」という疑問が生まれます。それを解消するためにホームページを確認します。サービス内容や値段などはもちろん、情報が開示されていて信用に足るかという部分まで見られているのです。ホームページを見てもらう手法として、「業界の最新ニュースを拾って、自分で解釈をして情報として届ける」という方法があります。自分の業界でこんな出来事があったということを分かりやすく伝えるだけでも非常に価値の高い読み物になりますし、自分の業界をきちんと調べている会社という良い印象を与えることもできます。ニュースを見るための人を集客できれば文句なしです。ただし、ニュース自体には著作権がありますので、ニュースサイトへのリンクを貼るなどをして、著作権侵害にならないよう気をつけましょう。また、ニュースサイトを活用するだけではなく、会社内の人と「話題になっているような話」を取り上げることもひとつの方法です。例えば「自分たちの地域でこういうことがあった」「この新商品が面白いと思った」といった会話で構いません。会社内で話題になるようなことは、そのまま話として使うことができるので、読みたがる人も多いでしょう。ただし、話題をそのまま書いても意味がありません。独自の解釈などを付け加えた上で、価値あるトピックとしていきましょう。

adcode appsアカウント種類と注意点

Published / by admin

adcode appsのアカウントには大きく2種類あると言え、adcode appsにおける「非営利アカウント」というのは、個人でのホームページ作成や趣味でのfacebookページといったものや、NPO法人などのように「非営利」目的でのアプリ使用といった場合のアカウントと言えるでしょう。この場合、facebookページは3つまで無料で使用することができ、テスト利用であっても営利目的で利用することは禁止されているようです。一方、adcode appsにおける「ビジネスアカウント」というのは、広告や宣伝といったものや求人情報などのように、アプリ使用の目的がビジネスシーンにおけるといった場合のアカウントのことを指しています。この場合、アカウント登録の際に使用するアドレスは、携帯電話やフリーのメールアドレスといったものは使用できないため注意が必要と言えるでしょう。各団体、facebookページは3つまで無料とされ、この場合は非営利であってもビジネス目的であっても両方の目的での利用が可能になっているようです。アカウント登録は比較的簡単に行えるとされ、表示されたフォームに従って項目を登録していきましょう。利用規約を確認し同意したうえで登録すれば完了ですが、気をつけなければならないのは、facebookの個人アカウントのIDである「facebookID」は自動で入力され、かつ変更はできないという点や、所属している企業や団体などを登録することが必須となるビジネスアカウントの場合には、全て正式名称で入力しなければならないという点でしょう。所属している企業や団体の部署名と登録者個人の名前を入力することになりますが、ビジネスアカウントの場合、メールアドレスは必ず所属企業のメールアドレスを使用しましょう。一つ一つ確認しながら登録していくことが重要と言えるでしょう。

パースの確認

Published / by admin

VPが一つしかない遠近法とされているのが「一点透視図法」でしょう。

これは観察する者が部屋の壁に背をむけて立った時、そこから壁と天井、壁と床といった境界が平行になっている線を延長し、その線が部屋の向こう側の一点に収束しているように見えるといった現象を指しているようです。

対して「二点透視図法」というのは、左右に2つのVPができるとされる遠近法と言えるでしょう。部屋の外から角を見る時、VPが左と右に2つ並行と地面とに見えるという現象を表すと言われています。

つまり目と同じ高さでモチーフを斜めから見た場合に二点投資と言えるが、これに加え、見上げてみたり見下ろしてみたりした場合には三点投資になると言えるでしょう。現実世界での空間把握としては「三点透視図法」と言った手法で描くことになるでしょう。

透視図法においては、遠近感を表現するために対象物と視点の距離や、視点の位置や高さ、対象物と観察している者の配置によっても変わると言えるでしょう。

よく「パースが狂う」といった表現で遠近感が正常でないといったことを言ったりしますが、正常な遠近感というのは、透視図法を理解した上で、対象となるものの相対的な位置と視点との関係を表すことで修正していけると言えるでしょう。

ホームページ作成などの際は、現実世界ではない上に、複雑な形を表現しなければならないといったことも多く、時にはその形の外側に接している直方体などを想定して、まずその直方体の輪郭部分を補助的に描いておくことで、パースペクティブの中に正しく形を配置できると言った方法もしばしば用いられると言われています。

パースの誤差を考えるには、全モチーフに対して外側に接した直方体の補助線を想定し、VPに向かうパースを検証すると良いでしょう。特にいくつかのモチーフが同じ平面の上に配置されているといった場合には、一部分だけの判断だけではなく、モチーフ全体で見て確認することが望ましいと言えるでしょう。