ホームページの変革

現在では「WEBサイト」や「WEB」、「WEB情報」といったように、私たちの生活に浸透してきているWEB制作ですが、世界にインターネットが普及した手の頃には、「ホームページ」や「ホームページ作成」などというように呼ばれていたこともあったのではないでしょうか。

ホームページという語源は、紛うことなく英語の「HOME」という言葉から来ていると言えるのではないでしょうか。今で言うサイトトップページがそれにあたるページと言え、正しく一番最初の表紙とも言えるページとして捉えられているでしょう。

インターネットが普及しはじめた1990年頃に制作されたホームページというのは、現在普及しているWEBサイトとは様式が全く違っていると言うのはご存知でしょうか?

ゆるゆると変革の中にいた場合には気付かない人も多いと思われますが、使用性やデザイン性といった点をとってみても、今のWEBとは、情報もスタイルも比較する必要ないと言うほど、それはほとんど別メディアと言える違いが見られると言われています。

ホームページの様式が変化している理由

変革の要因として考えられるのは、発展し続ける技術によって、通信速度やデバイス機器の性質が大幅に向上されていると言う点があげられるのではないでしょうか。

この技術発展によって、より複雑なコンテンツを制作することが可能となり、情報量が豊でデザイン性が高く、よりユーザビリティの高いハイクォリティなサイトが作られるようになったと言えるでしょう。

このような質の良いサイトが当たり前と言う現代では、人々の出逢いやショッピング、娯楽や教育現場の変化といったような多岐に渡る社会の変化を担うものとして浸透してきていると言えるでしょう。

工場などの現場だけでなく、ホームページ作成の世界でもコンピュータとの共存が実現する世界はすぐそこまで近付いてきていると言えるのではないでしょうか。

強いキーワードを狙う


ホームページ作成が終わり、SEO対策で設定したキーワードにアクセスが集まるというのは、想定通りという喜ばしいことと言えますが、ここで油断してしまうのは時期尚早と言えるでしょう。

多くアクセスが集中しているキーワードであっても、まだまだアクセスを増やしていける可能性があると言えるからです。アクセス集中という現状に対して満足することなく、より高みを目指し問題点などを徹底的に改善していいくべきと言えるでしょう

。ここで問題点と言われているものを見つけるためには、それぞれの検索エンジンからのアクセス数に偏りなどがないかといったことをまず確認すると良いでしょう。

どのようにキーワードを探す?


キーワード考案に使用するツールとしてGoogleAnalyticsが推奨されるでしょう。これを使用することにより各検索エンジン別のアクセス数内訳というものが簡単に得られるようです。

ここで重要なのは「Yahoo!JAPAN:Google:その他」というアクセス数割合の黄金比である「5: 4: 1」という数字と言えるでしょう。これはキーワード別でも当てはまると言え、Googleのアクセスが少ない場合、基本的にはリンクの強化が推奨されるでしょう。

各ページにキーワードを入れたリンクを貼るという対策が多く見られているようです。Yahoo! JAPANについては、反映のスピードが一定ではないようなので、対策を行っている場合は少し待つということも大切でしょう。

もし2~3ヶ月経っても効果が現れない場合には、トップページに対象ページのキーワードを盛り込んだテキストリンク設定を行なったり、1ページあたりのキーワード数や頻度、位置といった点を見直し、最適な割合へ増やしていくことや、外部リンクといった部分を強化するといった対策を見直していくべきと言えるでしょう。